スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なつやすみ活版歴史教室」に参加してきました

先日、印刷博物館で開催された
「大人のための活版ワークショップ2014
なつやすみ活版歴史教室」
というイベントに参加してきました。
普段の122pressはせっせと印刷したり、企画の相談したりと
身体や口を動かすことが多いのですが、
今回は珍しく座学です。


この日のテーマは
「明治時代になぜ活版印刷が大きく普及することになったのか」。

ポイントは3つ。
①本木昌造による鉛合金活字の鋳造法の確立
②政治、法律に関する書籍発行や新聞、雑誌など文字情報の増大
③印刷会社の事業化

技術と需要と供給がここでピッタリと
合致したことにより、
日本で活字・印刷文化が
爆発的に広がって行った、という解説でした。
これ以上早すぎても遅すぎてもダメだったのだ、と思うと
歴史の巡り合わせというのは
本当に面白いです。

そして活字がさまざまな情報を伝えることにより、
明治の世の中がぐんぐん動かされていったことを考えると、
文字が伝えるものの強さを
改めて感じざるを得ませんでした。


お話の後は参加の記念に
簡単な2種類の印刷体験が。
1つは凸版印刷とモリサワが協力して
本木昌造の種字を元に復刻した活字を使った
いろはうたのカード。
復刻活字は柔らかな線が美しく、
思わずうっとり…。
そしてもう1つは
普段印刷博物館が開催している
ワークショップで刷るしおりを
アダナでガチャン、と刷ってきました。

印刷博物館_歴史講座


活字に関する資料はたくさんあるのですが、
どこから手をつけていいのかわからないことも多いので、
こうしてポイントを絞った講座は大変勉強になりました。
それと同時に、文字の力についてあれこれと考える
よいきっかけをいただくこともでき、
有意義な時間を過ごす夏の終わりとなりました。


さて。
明日からは122pressも参加する
カミノイチ@堂地堂さんがスタート!
いろんな紙と紙雑貨が並ぶ、紙好きにはたまらない会場になっております。
みなさま、お誘いあわせの上
ぜひお越しくださいませ!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。