スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

122press コースターと格闘するの巻

11月某日の昼下がり、手キンの前で呆然とたたずむ3人。

「ねぇ、もしかして丸い形って、実は結構大変・・・だったりする?」

真っ白な丸い厚紙が
こんなに私たちを悩ませるとは、
最初、思ってもみませんでした。

・・・・・・・

活版工房喫茶室への参加を決めたはいいものの、
当日まですでに1ヶ月を切っていて、
しかも3人、昼間は会社で働く身。
時間がない中、私たちが作れそうなもの、
という枠の中から出た答えが「コースター」でした。

コースター用の紙って売ってるし。
デザインが決まればあとは刷るだけだし、
これならできそうだ、と思いまして。
まぁ、現実はそんなに甘くなかったんですけど(苦笑)


というわけで、印刷当日。
名刺以外のものを刷るのは初めてなので、
ちょっと早めに、と12時に集合しました。
そこからお昼だのなんだの、、、と言って
すり始めたのが13時。
さて、終わりは何時になったでしょうか。
答えは最後のお楽しみです(笑)

--------------------------------
当日のラインナップ
樹脂版モノ×7種
活字を利用した空押し×1種
計8種類のコースターを
1種類につき15枚ほど刷りました。
(合計120枚)
--------------------------------

とにかく最初にけつまづいたのが
位置あわせ。
「ちょっと上・・・」
「ちょっと左・・・」
「あれ、今度はちょっと下・・・?」
ほんのちょっと針をずらして刺しても刺しても、
なかなかど真ん中に図案が収まってくれません。

たかが1ミリ
されど1ミリ。

針を刺す方向に慣れるのも手間取って、
この日、一番時間を割いた作業がこれだった気がします。


そしてこの位置あわせと同時に
「うぅぅ~ん・・・」
となったのが色ムラ。
なぜか下はきれいにパキッと色が乗るのに、
上半分がどうも薄い。かすれる。
ベタ面積が増える図案になればそれが余計顕著に現れる。
下に紙をひいてみたり、
レール部分にマスキングテープを貼ってみたりと、
あれこれやってみた結果、一番の解決法は
「インクをのせる」。
さらにローラーをちょっと手で回転させて、
インクのつく場所を変えてあげると
ちゃんとキレイに印刷できるようになりました。


こんな感じで終始「試行錯誤」とか「工夫」の連続。


嶋田が組み、
佐藤が刷り、
松本が並べる・・・
を繰り返していると、いつの間にか外は薄暗くなっています。
夕方で折り返し地点だったでしょうか。
結局、もろもろやり終えて時計を見ると21時!
刷り始めてからそれほど休憩もとらなかったので、
ほぼ8時間がっしゃんがっしゃんやってたコトになります。
しかもその日の120枚を刷り上げるために
消費したためし刷りの枚数もかなりのものに・・・。
ちゃんと数えてないけど、
本モノと同じくらい刷り倒したような勢いでした。


そんな紆余曲折の結果がこちら。(一部抜粋)

コースター1

コースター2



ホントにこの日は自分で自分を褒めてあげました(笑)
その後のイベントの様子はこちらの記事からどうぞ~。



・・・と、いうワケでなんとか年内に
制作裏話を洗いざらいアップすることができました。
来年もこんな感じでジタバタしながら刷っていく見込みです。
122pressとして動き始めたばかりですが、
メンバー全員、活字を通じて今年1年いろんな方のお世話になっております。
ブログの片隅からで恐縮ですが、
この場をお借りして御礼申し上げます。
いよいよ来年は「122pressらしさ」みたいなものを全開にして
刷ったり、あちこちに出没したりできればと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。