スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活版×手製本 ポストカードとペーパーファイルワークショップ、無事終了しました

きれいな秋空が広がった東向島で、
先日、活版印刷×手製本ワークショップを開催しました。
ご参加くださったみなさま、
ヨンネさん、そしてご協力くださったヒガムコさん
本当にありがとうございました!!


******
今回はポストカード印刷と
そのカードを挟めるサイズのペーパーファイルの作成でした。

印刷パートでは用意した4つの絵柄の中から
1つを選んでもらい、
好きな一言を入れてもらうことに。

さらに刷り上りの違いを感じられるよう、
紙は風合いの異なる5種類を用意し、
↓この中から好きな組み合わせで10枚になるよう選んでもらいました。
・ファーストビンテージ
・パルパー
・アラベール
・ハーフエア
・ボール紙


今回は文字を拾って、組んで、印刷、
そしてまた活字を棚に戻す、という
大まかな活版印刷の流れを体験してもらうことも。

印刷パート



入れる言葉や活字の種類によって
キリッとなったり、
かわいくなったり、
ポストカードの表情が変わってくるのが面白かったです。

活版WSポストカード




製本パートもなごやかな雰囲気の中、進行。

製本パート


ペーパーファイルは
「継ぎ表紙」という手製本の方法を活かしたもので、
表紙と背の切り替えがかわいい◎
&ゴムバンドの色がよいアクセントになっています。

紙ファイル_1

紙ファイル_2



サイズはポストカードのほか、ちょっとした紙片を挟むのにぴったり。
中には仕切りが入っているので、使い勝手もばっちりです◎

紙ファイル_3


印刷パートの方はつたない進行だったかと思いますが、
みなさま楽しんでいただけたようで
122press一同、ほっとしております。
連休中のよい思い出の1つになればうれしいです!

******


10月に入り、
いよいよ秋深まる、といった感じですが、
どうぞみなさま、
おいしい食べ物を食べたり、
思いっきり体を動かしたり、
芸術・読書に親しむなどして、
よい秋をお過ごしくださいませ~◎

企画展「松本と吉祥寺」に山のポストカードとブックカバーが並びます

9/3(木)〜23(水・祝)の期間、
吉祥寺の食堂「ヒトト」さんで
松本と吉祥寺」という企画展が開催されます。

会場では、長野県松本市を中心に
活動されている方々の詩、絵画、写真の展示や、
松本土産としてセレクトされた品々が販売されるとのこと。
丁寧で、のびやかで、
日々のくらしにスッと馴染む、
そんなアイテムを見つけられるのではないかと思います。


松本と吉祥寺フライヤー_表


そして、ありがたいことに、
122pressが刷る山並みのポストカードとブックカバーも
松本土産の1つとしてご紹介いただくこととなりました。

この山のポストカード・ブックカバーは、
なかなか都内でご紹介する機会がなく、
7月の活版TOKYOで並べたところ、
あっという間に完売してしまったアイテムです。
(↑あまり数を用意しなかった、という背景もありますが・・・)
今のところ、9/23(水・祝)のワークショップ以降、
しばらくイベント参加等の予定がないので、
よろしければこの機会に
お手に取ってご覧くださいませ。


松本と吉祥寺フライヤー_裏


また昨年、私たちが「・・・展」を開催した際は、
東京のみなさまに
松本の空気感をお伝えすることがなかなか難しかった、ということもあるので、
今回ぜひぜひこの会場で
「松本」という土地の雰囲気を感じ、
あわせて吉祥寺の街を楽しんでいただければと思います。
(余談ですが、122pressは
吉祥寺でホルモン焼きをお腹いっぱい食べたりしているので、
親しみのある2つの街がこうしてつながり、
そのイベントに関われるなんて
びっくりするやら、ホントにうれしいやら、という感じです)


雪渓


会場は松本の風と吉祥寺の風が溶け合う、
心地よい場所になると思います。
みなさまお誘いあわせの上、ぜひご来場くださいませ。

--------------
松本と吉祥寺

日 付|9月3日[木]-9月23日[水・祝]
時 間|12:00-22:00(LO21:00)
会 場|食堂ヒトト
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-7-3F
(↑リンク先はGoogleマップ)
Tel. 0422-46-0337

◎火曜定休(ただし22日[火・祝]は営業)
◎水曜日は展示のみ営業(12:00-17:00)
--------------

9/23(水・祝) 活版×手製本 秋のお祭り ポストカードとペーパーファイルワークショップ開催のお知らせ

暑い毎日ですが、立秋を過ぎ、
これから少しずつ秋の気配が近づいきますね〜。
秋といえば、勉強の秋、芸術の秋などなどいろいろありますが、
外せないのは「食欲の秋」でしょう!

今日はそんな秋らしい要素を加えて開催する
ワークショップのお知らせです。

***************
活版×手製本 秋のお祭り
ポストカードとペーパーファイルWS
***************

*日時:9月23日(水・祝)
   10:00~12:30
   13:30~16:00
   17:00~19:30

*場所:東向島珈琲店
    墨田区東向島1−34−7
   ※カフェの営業はありません

*参加費:5000円(税込み、材料費込み)

*定員:各回4名様

***************

手製本の楽しさを伝えるワークショップを開催している
ヨンネさんとのコラボ、第2弾です。

春は、活版で本文を印刷し、製本するという
花形活字まめ本ワークショップを開催しました。


今回は、ポストカードを活版で刷り、
ポストカードサイズのペーパーファイルをつくります。

20150808_1774521.jpg



ポストカードは、秋を感じる絵柄を4種、揃えました。
きのこ、ぶどう、さんま、焼き芋とミナミコアリクイ、
いずれかを選んで、活版印刷機(手キン)で刷ります。
また、サンプルを参考に、活字も拾って刷っていただき、
キリッとした活字の刷り上がりにも親しんでいただこうと思っています。

20150808_1774519.jpg

紙も4種類ほど用意しました。
ふわっとした紙、ざらざらした紙、合わせて10枚を刷っていただく予定です。
紙が変わると、刷り上がりがどう違ってくるか、
そこにもぜひご注目ください。



ペーパーファイルは、「継ぎ表紙」という手製本の内容を応用したもので、
内側には、簡易的に分けられる仕切り付き。
背のクロスと表紙の紙、ゴムの色を好きな組み合わせにして、作成いただきます。

20150808_1774520.jpg

インクが乾いたポストカードは
これに挟んで保管すれば、
1つにまとまって便利!
コンパクトなサイズなので、
ちょっとした紙モノを保存するときにも重宝します。


また、当日は
ヨンネさんの豆本雑貨やキットのほか、
私たちの活版紙もの雑貨も販売する予定です。

それから会場である東向島珈琲店さん。
当日、カフェの営業はありませんが
奥行きのある、落ち着く場所です。
この機会に是非、チェックしてみてください。



活版、製本、紙、印刷、文房具、
本づくり、ものづくり…などなど、
こういったことにご興味のある方はもちろん、
「何かピンときた!」という方も
ふるってご参加くださいませ!

******
なお、お申し込みにつきましては
ヨンネさんに取りまとめていただいております。
こちらのメールアドレスに↓
  info@yon-ne.com
件名「ポストカードとペーパーファイルWS」として
内容にお名前、ご連絡先と希望の時間帯を明記の上
お申し込みください。
******


活版×手製本、秋のお祭り、
スカイツリーのみえる
東向島でお待ちしております!

20150808_1774522.jpg

【ALPS BOOK CAMP】楽しい夏の2日間でした◎

7/25(土)、26(日)は長野県大町市にある木崎湖で開催された
ALPS BOOK CAMPに参加してきました!


ALPS BOOK CAMP 122press


まずはお越しくださったみなさま、
出店者のみなさま、
そして企画・運営に携わったスタッフのみなさま、
楽しいひとときをありがとうございました!
加えて今回は屋外のイベント、そして遠方ということで
周りの方々からもさまざまな手助けや応援をいただいており、
感謝の気持ちでいっぱいです。
この場をお借りして心から御礼申し上げます。



緑と青空と湖に囲まれながらのイベントは
とにもかくにも気持ちがよく、
おいしいフードもたくさんあって、
出店者側ではありましたが、
かなり楽しんでしまいました。


IMG_2455.jpg


また、昨年松本で開催したイベントやワークショップに
参加してくださった方とのうれしい再会や、
東京からお越しくださった方がブースに立ち寄ってくれたり、
栞日さんで山並みのポストカードをお買い求めくださった方が、
「これ、額に入れて飾ってるんです!」と
ご報告に来てくださるなど、
うれしいことがたくさんありました。

加えて、湖畔に立ち並ぶテントと木立の間を
楽しそうに人が行き交い、
湖のほとりでは、のんびりと読書を楽しむ人たちがいる、
のどかで穏やかな光景の中に
私たちも立つことができたのは本当に幸せで、
東京に帰った今も
心がずっとホコホコしております。


ALPS BOOK CAMP 木崎湖畔で読書をする方々


木崎湖での2日間はあっという間でしたが、
うれしい出来事でのエネルギーチャージと
おいしい空気を吸ってリフレッシュがしっかりできたので、
また次のイベントに全力で取りかかっていきたいと思います!

2015年夏の新作

活版TOKYOとALPS BOOK CAMPに向けて作った
新作を紹介します!


▼ミニカード&小箱
トリとミモザの2種で、
それぞれカードと封筒が5枚ずつ入っています。
絵柄だけのシンプルなカードなので、
さまざまな使い方ができますよ。

IMG_2365.jpg

IMG_2366.jpg


今回、箱も自分たちで組み立てました。
スリーブ(ふた)が閉まっていると
側面からしか見えないのですが、
内箱にはドット柄のクラフト紙を巻いていて、
結構かわいいんです。

IMG_2381.jpg


カード・封筒を使い切ったあとでも
小物入れや名刺・カード入れなどにも使えるので、
長くご愛用いただけるおすすめアイテムです◎



▼ブックカバー:山の稜線
昨年は松本市から見える山並みをポストカードにしましたが、
今年はブックカバーになりました。
文庫本サイズです。
これを本に巻いてお出かけすれば、
いつでもキリッとした山々を眺めることができます。

IMG_2418.jpg


こちら「ポルカ」という紙で
各色には「バナナ」や「ソーダ」といったおいしそうな
名前がついています。
その中から今回選んだ色は「ソバ」!
蕎麦どころ信州に関連するものを印刷するとなったら、
もうこれしかないな、ということで決まりました。
実に味わい深い風合いを持つ紙です。
ぜひお手にとってご覧いただき、
ポストカードとはまた違う雰囲気を楽しんでいただければと思います。


▼ブックカバー:花火
夏の風物詩、夜空高く打ち上がる花火を
紙面いっぱいに咲かせてみました。
こちらも文庫サイズ。
色上質紙の柔らかくなめらかな手触りが
心地よいアイテムです。

IMG_2417.jpg


こちら、白と緑がかった色の花火のように見えますが、
使ったインクは白と黄色です。
紙の色が濃いため、黄色の部分が
違う色味に見える不思議…。
よーく見ると、白いインクの上に黄色が重なった部分については
キレイに色が出ているので、
紙とインクが見せる面白さをぜひ感じ取ってみてください。


▼ブックカバー:水玉
白ベースの柔らかいメタリックな光沢のある紙の上に、
淡い色の水玉がふわふわ浮かびます…
と言ったところで写真がないと全く伝わりませんよねー。
すみませんんんん!!

今回の新作の中で、
これが一番最後の出来上がりでして、
制作に夢中で写真が撮れてません。

こちらはALPS BOOK CAMPで初お目見えとなります。
ぜひ会場で実物を確かめてみてください!
夏らしいさわやかな一品です◎


活版TOKYOは本の街神保町での開催でしたし、
ALPS BOOK CAMPはブックフェス、ということで
本周りのアイテムを充実させてみました。
以上4点、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年の「・・・展」で制作した栞もありますので、
ぜひお気に入りをセットで
読書のお供としていただけるとうれしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。